日语家园

 找回密码
 注册账号

天声人语是日本权威报纸《朝日新闻》的一个固定栏目,由编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。该专栏创建于1904年1月5日《大阪朝日新闻》的第二版上。关于《天声人语》的含义,根据《大汉和辞典》(大修馆书店)的释义,“天声”为民众自然的呼声。现在这个栏目的执笔者对这个栏目的解释是“尽可能倾听民众的呼声,并将自己的见解阐述于此。”《天声人语》的内容广泛涉及日本的政治、经济、外交、社会、文化等各个领域、时事性强,堪称日本社会的一面镜子,因此成为脍炙人口的栏目。该栏目不但用词简练,并且每篇文章的字数也大致相等。这足以看出执笔者高超的写作水平。

  • それが「自分の知らない何かに出合うこと」「自分の意識からの束(つか)の間の自由を味わってみること」の実践なのだと書いている(『読書のとびら』)。世の評価を得た作品の多い文庫本ならではの試みだろう
  • 她写道,这种方法是实际去“邂逅自己未知的事物”,是“尝试着摆脱自己的意识、品味刹那的自由”(《读书之门》)。文库本中有许多得到世人赞许的作品,所以才能进行这样的尝试吧。 昨天 16:58 详情
  • そこまでの勇気はないものの、千円でおつりがくる文庫なら、なじみのない分野にもついつい手が伸びる。気づけば積(つ)ん読(どく)が増えている。それでも新たな出合いを求め、書店に入れば文庫の棚へと一直線なのである。
  • 虽然没有勇气像她那样选书,但若看到价格不到一千日元的文库本,不自觉的手也会伸向陌生领域。尚未读的藏书在不经意间多了起来。然而自己仍然渴望新的邂逅,于是进入书店后便直奔文库本的书架。 昨天 16:58 详情
  • 作家の川上未映子さんが岩波文庫を例にあげ、変わった本の選び方を勧めている。書店の棚の前に立ち、目をつぶる。手を伸ばして指先に触れた最初の本を買い、必ず読み切る。難しそうでも、書名の意味すらわからなくても
  • 作家川上未映子以岩波文库为例,推荐过一种不一样的选书方法:站在书店的书架前,闭上眼,伸出手。将手指触碰到的第一本书买下,并且一定读完。不管是看似深奥的书,还是连书名都不懂的书。 昨天 16:58 详情
  • 一方の図書館でも、持ち運びやすい文庫は利用者に人気だという。簡単に手を引くことはなさそうだ。出版社のビジネスにしても、図書館のサービスにしても、小さな本が大きな存在感を持っている
  • 另一方面,携带方便的文库本颇受读者青睐,图书馆方面应该也无法说终止就终止。无论是在出版社的业务上还是图书馆的服务上,小小的文库本都有着巨大的存在感。 昨天 16:58 详情
  • もともと古典や文芸作品を廉価で読めるのが文庫だった。1970年代に角川書店が映画と組み合わせて売るようになり、娯楽小説が充実してきたと記憶する。もちろん埋もれた良書を再び世に出す役割も健在である。「こんな本があったのか」と驚かされる瞬間は楽しい
  • 最初,文库本是为了让读者便宜地购阅古典和文艺作品而诞生的。笔者记得,角川书店在70年代开始配合电影的上映出售文库本,此后娱乐小说不断充实。当然,文库本今天依然发挥着让那些被埋没的好书重新问世的作用。(在书架前)惊叹“还有这本书啊”的瞬间是愉快的。 昨天 16:58 详情
  • 文芸春秋の社長が先日、全国図書館大会に出席して、「できれば図書館で文庫の貸し出しをやめてほしい」と呼びかけた。出版不況が続くなか、せめて文庫本は自分で買ってもらえないか。そんな思いなのだろう
  •   《文艺春秋》的社长在出席前几日举行的全国图书馆大会时呼吁:“希望各图书馆最好能终止文库本的租借服务。”在出版业持续低迷的当下,呼吁的初衷估计是至少让读者自己掏钱购买文库本。 昨天 16:58 详情

Powered by Discuz! X3.1

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返回顶部