日语家园

 找回密码
 注册账号

天声人语是日本权威报纸《朝日新闻》的一个固定栏目,由编辑部集体撰写的时事类短文,内容涉及日本社会的所有方面。该专栏创建于1904年1月5日《大阪朝日新闻》的第二版上。关于《天声人语》的含义,根据《大汉和辞典》(大修馆书店)的释义,“天声”为民众自然的呼声。现在这个栏目的执笔者对这个栏目的解释是“尽可能倾听民众的呼声,并将自己的见解阐述于此。”《天声人语》的内容广泛涉及日本的政治、经济、外交、社会、文化等各个领域、时事性强,堪称日本社会的一面镜子,因此成为脍炙人口的栏目。该栏目不但用词简练,并且每篇文章的字数也大致相等。这足以看出执笔者高超的写作水平。

  • インド出身の数学者ラマヌジャン(1887~1920)は英国滞在中、台所で豆のスープを作ろうとして挫折した。並外れた数字好き。豆20粒を何通りに分けられるか気になり、調理を忘れる。豆粒の数が何であっても使える公式を求めて没頭したという
  •   印度数学家拉马努金(1887~1920)在旅居英国期间,曾有一次没能如愿在厨房里煮出一碗豆汤。因为他格外喜欢数字,很好奇20粒豆子能有多少种分法,结果忘记了煮汤,埋头于寻找无论有多少粒豆子都能使用的公式。 5 小时前 详情
  • 小数、分数、無理数、複素数――。学校で習った「数」はいろいろあるが、最もおなじみの整数について数学界の俊英たちは全身全霊をかけて挑み続けている。何ごとによらず、手軽にわかり瞬時に広まるものが称揚される時代である。天分と情熱に恵まれた求道者のみが到達できる数学的真理を思う。
  • 小数、分数、无理数、复数……在学校学过的“数”各种各样,数学界的精英们却在用全部精力去不断挑战我们最熟悉的整数。这则消息让笔者想到,在这个无论何事都是轻松理解、瞬间传播的东西会得到赞扬的时代,数学的真理只有富有天分与热情的求道者才能到达。 5 小时前 详情
  • 整数a、bの和cと、abcそれぞれの素因数の積との特別な関係を論じたという。寸毫(すんごう)も理解できぬ身ながら、「整数論における最大級の未解決問題」と聞けば心は躍る
  • 该猜想论述了整数a、b之和c,同abc各素因数的乘积之间的特别关系。虽然笔者对此完全不理解,不过当听说该猜想是“整数论中最重要的未解难题”时,内心还是很激动的。 5 小时前 详情
  • 「整数の一つ一つが彼の友人のようだ」。英国の数学者たちもラマヌジャンの力量には舌を巻いたが、もとは独学である。なぜそんな発見を次から次に?問われると「眠っている間にインドの女神が舌に数を書く」と答えたと評伝にある
  • “一个个整数像是他的朋友。”英国的数学家们也对拉马努金的数学能力惊叹不已,不过他是自学成才。据拉马努金的传记讲,当被问到为什么会一次次有所发现时,他回答道:“印度的女神会在我睡觉的时候往我的舌头上写数字。” 5 小时前 详情
  • 望月氏は米名門プリンストン大に16歳で入学し、19歳で卒業する。23歳で博士号を得て、32歳で京都大の教授に就いた。5年前に公表した論文の内容を確かめるため、一級の数学者たちが査読を続けてきた
  • 望月16岁进入美国著名学府普林斯顿大学,19岁毕业。23岁获得博士学位,32岁成为京都大学教授。为了搞清楚望月于5年前发表的论文,世界头等的数学家们一直在进行着审查。 5 小时前 详情
  • 京都大の望月新一教授(48)の夢枕にも数学の女神が舞い降りたのだろうか。難問「ABC予想」を証明したとする論文が専門誌に掲載される見通しになった
  • 京都大学教授望月新一(48岁)在睡梦中时,数学的女神或许也曾降临在他的枕边吧。证明难题“ABC猜想”的论文预计将刊登在专业杂志上。 5 小时前 详情

Powered by Discuz! X3.1

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返回顶部